お客様の声紹介

 

 

 

 

 


《ベンチ外から先発メンバー起用、フル出場もできるように》

(中1男子K・Sくん お母様:サッカー)

小学校のとき右ひざを痛めた(有痛性分裂膝蓋骨)ことがあったので、中学入学をきっかけに
本格的に身体づくりを始めたいと思っていたところ、紹介で西川さんのことを知りました。
トレーニング方法や身体に対する豊富な知識もですが、子育ての先輩であり現役サッカー選手の
息子さんがいらっしゃるので、安心してお任せすることができました。


最初はBチームの試合しか出られなかったのですが、3か月経つと当たり負けしない体幹と持久力が
ついてきて、
公式戦の先発メンバーに選ばれるようになり、最近はほぼフル出場しています。
これまで積極的でなかったストレッチやトレーニングを、動きを確かめながら毎日続けるようになり
食べ物や飲み物も意識するように変わりました。
早い段階からこういった習慣ができたのは、これから生きていく
上でもありがたいです。
本人の性格に合わせた無理なく続けられるプログラムで、いつも親身に対応
して下さったことも感謝
しています。

《あきらめず引退まで過ごすことができ志望校にも合格》
(中学3年女子U・Hさん お母様:陸上中距離)

 お願いしたときは中学最後の秋大会の前でした。夏前からずっと続いている不調としんどさに
 出場を辞退しようかと本人は迷っていて、サポートする私としては、今できることは何か?と
 必死でもがいていたときで意を決してお願いしました。

 こちらで、大まかな原因が分かったのもありましたが、西川さんは本当に明るくて自然体で、
 娘の気持ちにも身体にもそっと寄り添って下さって不思議な魔法のようでした。
 トレーニングは、これまで自分たちが知っていたものとちがって、今からさらに頑張って
 何かを身に付けるのではなく、娘自身の持っている力を引き出してもらえるものでした。

 結果的に、良い意味で開き直れて大会にも出て引退までの日々を過ごし、その後は受験に集中し
 難関志望校にも合格しました。

《ケガの再発防止以上の収穫でした》

中学2年男子 H・Nくん お父様:サッカー)

元々は、腰を痛めたのがきっかけで、再発をなくしたいと思ってお願いしたのですが、
それ以上の成果が息子に出ています。

「子供に考えさせる指導をします」とうたうクラブは多いが、具体的にそれをさせている
ところは少ない(見たことがない)。しかし、西川さんのところで「現実的な目標」を
自分で決め、そこに向かって組み立てる実地経験を積ませてもらいました。
(その辺りは、自分の経験則だけでなくちゃんと勉強した人ならではの引き出し方だった)

サッカーノートの内容も、「できなかった反省」や「次に頑張ろう」みたいなありきたりの
ものから、「今日は、これをやってみたがこうだった。次はこういうことをやってみよう」に
変わっていて驚きました。とにかく今の姿を見ていると「この子にこんな風にできる素地が
あったのか!」と思うと同時に、親である自分が我が子を見くびっていたなと反省しています。

腰の方は全く違和感なく復帰後すぐにレギュラーに戻れました。西川さんは面白い女性なので
すが、その辺の男性より男前で(笑)、息子の甘えみたいな部分に対しては、詰めるとき詰める。
でも逃げ道は残しておく、みたいな大らかなところが息子にも合っていました。

《指導者不在のクラブで復帰後、県大会で自己ベスト更新》
(中学2年女子K・Mさん お母様:陸上短距離)

中学に入ってから陸上短距離を始めたのですが、面白くなってきた頃に足首を痛がるようになり
病院に行くとアキレス腱周囲炎と診断されました。
顧問の先生が部活動に熱心でなく、私たち保護者が頼んだ外部コーチが週に1回来る以外は、
子ども達が自主的に練習をしている環境なので何とかしてやりたくてお願いしました。

西川さんの年代差を感じさせないトーク力で、娘も面白がって続けていました。整体にしても

アドバイスにしても、どうしてあれだけのことで身体が動きやすくなるのかといつも驚いていました。

復帰してすぐは、少し痛むと怖がっていましたが、そのことも「痛みに対する感覚ができた証拠!

すばらしい!」とほめてもらえ、対処法もその都度教えてもらっていました。休み方や栄養面での
アドバイスも現実路線なので「やってみよかな」と思えて、親の私も楽しみながら勉強させてもらえました。

プログラムが終了して間もなく、県大会で自己ベストを出せたので、本人にとって「がんばれば成果に

つながる」というすごい経験ができたことをうれしく思っています。

Posted by 西川菜緒子