ケガしやすい身体の特徴

スポーツ現場, ブログ

こんにちは。
中高大生アスリートのカラダの育て直し専門家
西川菜緒子です。

 

台風の影響で今日は亜熱帯低気圧的な蒸し暑さ。
土日は、宮崎県で次男の公式戦を観戦しているはずでした。
しか~し!
宮崎上空で40分旋回待機した後、
「伊丹に引き返します」のアナウンス!(笑)


(JALパックで申し込んでいたので全額返金が救い)

滅多に乗らない飛行機にウキウキしてたのに
こんなことってある?と笑うしかありませんでした。

 

さてさて。
毎月、関節の痛みに悩む高齢者を200人以上見ている私。

スポーツ現場では、ケガや故障した選手はもちろん
「何か痛い…」と不安にかられる選手と接することが多いです。

年齢は違えども
痛めやすい人のカラダの特徴は同じ

 

遺伝的に痛めやすい骨格もありますが
常日頃の生活動作の積み重ねがプラスされて起こります。

スポーツの場合はさらに偏った身体の使い方をするので
痛めるリスクは高まります。

競技によって
脚に出やすかったり、肩周りに出やすかったり
男子より女子に起こりやすいケガもあります。

 

*ケガしやすい身体
*ケガしやすくなる習慣

 

この2つが重なると
ケガや故障のリスクはMAXに近付きます。

 

そこで今日はケガしやすい身体の特徴について
ザザザザっとあげていきます。

*********************************************************************************

1.猫背で骨盤が後傾している(下のイラスト真ん中)

おばあさんみたいな感じ。おじいさんタイプもいてます。
(ここでは詳しい分類は割愛)


(画像元)

2.腰が反って骨盤が前傾しすぎている(上のイラスト右端)

新体操の選手の決めポース並みの人もいてますが
総じて胸がプーン!といった感じに前に出てます。

 

3.前のめりで大腿四頭筋(太もも前)が緊張して硬い

太もも前は縮み、太もも裏は伸びて硬い。
足首が曲がらないからこうならざるを得ない実情。

それよりも単純に身体の中心線(重心)が
どこにかかっているか?で考えるとリスクが高いことが分かります。

 

4.膝がいつも外向きor内向き

images (2)
(画像元)

 

5.つま先がいつも外開きor内閉じ

 

6.つま先からつんのめるように歩いている

動画があればいいのですが、
この手のタイプは総じて外股(そとまた)で首はすくまっています。

7. 腰を立てて座れない

立てて座ろうとしたら膝が曲がります。

 

8.立位前屈して手が床につかない

立位体前屈 に対する画像結果
(画像元)

この写真の人まだ全然正常ですね。(笑)
ハムストリング(太もも裏)がパッツパツ!に痛いと言います。

9.歪んでいたり捩じれていたり

ちょっと仰向けで寝てくれる?と言って
横になってもらったときの写真です。
(この時この彼は膝を痛めていました)

 

これも3.同様、中心軸がずれたまま動くとどうなるか?
で考えるとリスキーなことが分かります。

 

********************************************************************************************

どうでしたか?

当てはまっていることありましたか?
見分けがつきにくい?
(その辺はプロでないと難しいと思います)

 

遺伝的な骨格なら仕方ないでしょ!と思われますか?

そんなことはありません。
使い方を変えることで骨格は変えていけます。
(この辺は、ゴールの設定を見誤らないことが大事ですが)

ではでは次回は
ケガしやすくなる習慣についてお話します。

 

~ここまで読んで下さって多謝です~

奈良|大阪 パーソナル整体トレーニング
中高大生アスリートのカラダの育て直し専門家
矜恃ノススメ 西川菜緒子