夏場のスーパーメニュー②3つのポイント

ブログ, 食べて養う

こんにちは。
心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子です。

 

巷では終業式が終わりましたが梅雨は今頃本領発揮です。
毎日板の間が濡れているように感じる湿気!
熱帯のような息苦しさ!
そろそろ明けてほしいな~と夏が嫌いなくせに思います。

さて、明日に、とか言いながら今日やっと前回①の続きです。
お味噌汁を「スーパーメニュー」にする3つのポイントを書いています。

1.だし
2.味噌
3.具材のうち今日は2.と3.です。

***************************************************************************************

2.味噌

味噌は
大豆や麦、麹(こうじ)菌と塩を原料にした発酵食品。

中でも
は以下の栄養素が豊富。

*植物性タンパク質(筋肉・骨を作る優秀な栄養素)
*食物繊維(お腹をきれいに)
*不飽和脂肪酸(身体にとって良い作用をする脂肪分)
*ビタミンE(お肌をきれいに)
*イソフラボン(コレステロールの調整や骨の代謝に役立つ)

しかもこの大豆を発酵させているので
*腸内環境を良くする(消化と吸収をスムーズにする)
といった効果が高いのです。

けれどもこの味噌は
生きている味噌を使って下さい。

 

え?味噌に生きてるとか死んでるとかあるの?と思ったあなた。

はい、あります。

発酵してるかどうかが生きてるか死んでるかのポイントです。
お使いの家庭も多い「だし入り味噌」の原材料をまず見て下さい。

 

この酒精、お酒の妖精って何?と知ったとき私も思いましたが
アルコール(エチルアルコールもしくはエタノール)のことで
味噌の発酵が進まないようにする
=麹菌や乳酸菌や酵母の活動を止める添加物なんです。

菌が生きていてこそ味噌の効果は絶大、なのですが
*発酵が進んで味噌が辛くなったり黒くなる
*発酵するとき発生する炭酸ガスで容器が膨らむ
などがイヤなメーカーはこの酒精を添加してしまうんですね。

(このだし入り味噌の原料の
「発酵調味料」や「酵母エキス」についても熱く語りたくなりますが
話が逸れるので割愛します。)

 

細かい話をすると味噌が非加熱かどうかも大事ですが
まぁでも酒精が入っていないこちらの味噌はまだ生きてる方かな。
↓↓↓

(材料もシンプルです)

 

発酵が進んで容器が膨らむのを避けるために
こういうお味噌には生きた菌が呼吸できる穴が開けてありますので
買うときの参考にしてみて下さい。

菌を殺さないために
お味噌は火を止めてから溶いて煮立たせないようにして下さいね。

ちなみに私は
こうじも一緒に食べたらいいやん主義で味噌はこしません。

 

3.具材
その日の食事で「これが摂れてないなぁ」というものを使います。

 

例えばビタミンが少ないなぁと思えば野菜を積極的に使う。
色の淡い野菜か濃い野菜か?でも具材は代わります。

野菜は油で軽く炒めてから煮るとコクが出て子どもには受けます。
(人参などは油と一緒に使うと消化吸収率が良くなります)

ご飯を食べない子には糖質プラスでじゃがいもやサツマイモを使うと
ビタミンCまで一緒に摂れます。

 

ミネラルが少ないなと思ったら
ワカメやアオサや海苔、キノコ類を具にしたり
薬味代わりにゴマを使うと補給できます。

 

タンパク質が少なければ豆腐やあげはもちろん
豚汁にしたり貝のお味噌汁や
鮭やブリのかす汁にしたり
かき玉汁にしたりぽとんと卵を落としたりもあり。

肉気(にくけ)の具にするときは豆乳や牛乳をプラスしたら
クリームシチューの味わいになるし
カルシウムも補給できます。

****************************************************************

食事作りに充分な手間ひまをかけられる人や
家事が天職・死ぬほど好き♡という人は別ですが
外で仕事して疲れて帰ってもホッとする間もなく
まだ家事という仕事が待っている立場の人間の苦労は並大抵のものではないです。

苦労というのはイヤですが
火に追われ時間に追われ(お腹をすかせた)人に追われながら食事を作る…
それが毎日毎日。日によっては毎食毎食です。

一汁三菜が理想ですが毎日毎日そうもいきません。
だから「この一品でかなりの栄養が摂れる」というものが私は好き。(笑)

この味噌汁もそうした観点から3つのポイントは外さず
「おかずになる汁もの」として捉えると質を上げていけるし
この夏場は水分ミネラル補給とスタミナ・バランス強化メニューになります。

 

料理でも掃除でも洗濯でも
できるだけ省力化できることはしてしまいたい。
でも省力化と手抜きは違います。

だから「どうせやるなら」というベースは外さず
「しないよりマシ」くらいの気楽さでやってみて下さい。

 

~ここまで読んで下さって多謝~