言わんでもしてくれ

ブログ, 心を育てる

こんにちは。
心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子です。

 

私の長年のライフワークである森林ボランティア(里山再生活動)に
たまに長男(25歳)も次男(22歳)もついてきます。


(こっちは長男。ウェイトを使う筋トレしなくてもごつくなれます)

活動を始めたときは長男が年長・次男が2歳だったので
いや~私も50になるはずです!(笑)

最近『おかんトレーナー』と呼ばれたりするのですが
10年前ならあったであろう抵抗感がまったくない。(;^ω^)

おかん歴26年め…
「卒業しました!」と早く言いたい。
それでもしんどくて大変な時期は過ぎました。

今日は親子関係がうまくいき
子どもの自発的行動につながる「一番最初のところ」をお話します。

単なる経験論ではなくて心理学・統計学を応用した
カウンセリングやコーチングも勉強し
うちに通ってくれている選手にも
実際にさせてもらっているアプローチなので参考にしてみて下さい。

*********************************************************************************

先輩おかん兼トレーナーとしてよく相談を受けるのが
「うちの子がちゃんと○○しない」
「どうやったら自発的にするようになりますか」というもの。

○○は勉強だったり競技名だったりするのですが
「言っても言ってもやらなくて…」と皆さん仰います。

この場合の「する」「やる」は「努力」「頑張る」に近いと思います。

いま頑張らないとダメになる(なりそうな)のにやらない…!

お気持ち、分かります。
ダメになったら大切な我が子が可哀想だから心配なんですよね。

ダメ=望んでいない結果が訪れる
我が子が可哀想=望んだ結果が得られなくて悲しむ我が子が可哀想
可哀想=悲しんでる我が子を見たら自分も苦しい・悲しい

でもね。
お分かりのようにやいやい言ってもやりません。

実際のところ、
皆さんにもどんな「ダメ」かは見えてないでしょう?
具体性がつかめないのにイメージだけはダメってなると
誰にも分からない未来のことなんか
不安要素だらけになってしまいます。

(勝手に想像して気をもむことを”杞憂”と言います)

皆さんも大切な子どもの未来が見えないからこそ不安なんですよね。
でも大人の不安をぶつけられても
子どもはもっと不安です。

大人だって不安要素のために努力する気になれませんよね?

やいやい言う→反抗される→よけいに腹立つ・イライラ→関係悪化
…なんて悪循環から抜け出すために以下の手順を踏んで下さい。

 

1.子どもの「今ココ」を見て。

今ココとはその子がすでに到達してる現地点のこと。

たとえば勉強なら成績(結果)うんぬんが気になりますが
毎日学校に行って5時間も6時間も座って
授業を受けてることを見て下さい。
(たまに一日がかりの講習行くとき、子どもってえらいなぁと思う私)

部活ならそのまま学校に居続けて練習していることを。
クラブチームなら帰って着替えて出かけて練習して帰ってくることを。

おまけに塾まで行ってたら1週間のうち
一人でホッとする時間なんてほぼありません。

 

2.見つけたら「今ココ」を認めて。

皆さんの子どもの「今ココ」が大人の自分からしたら
「それぐらい」と思いますか?

今の自分が同じことできます?
そんなことないですよね。

たまに親御さん本人が努力家でストイックな場合
子どもにもそれを強要してしまいがちですが
親は親という人格、子はまた違った人格です。

1.と2.の作業をしたら受け容れることが自然にできます。
そしてやっと次の段階に。

 

3.受容したら「今ココ」を口に出して認めて。

子どもの反応は様々だと思いますが
よっぽど関係悪化してない限り
きっとまんざらでもないホッとした顔をすると思います。

言わんでも伝わる…なんて以心伝心に頼らず
口に出す、ということがポイントです。

****************************************************************************

大人も自分の
「毎日当たり前にこなすべきこと」が色々あります。
生きてる限り毎日毎日あります。

当たり前すぎて誰にも認めてもらえません。

親だから家族のご飯作るの当たり前?
親だから家族養うの当たり前?

そんなこともないはずです。

でも当たり前と思われてしまいがちなことって
自分のベース・立ってる場所です。

そこを見てもらって認めてもらって
ほめてもらったら力がむくむく湧いてきませんか?

他者からの働きかけがあると
自分のベース・立ってる場所をしっかり認識できるので
やっと踏み出せるのです。

今ココは踏み出した先々で少しずつ変わっていきます。
その都度
1.~3.をくり返す。

ただし
見当違いの観察や承認や受容になっては意味がありません。
だからしっかり見て下さい。
適当にほめても子どもには伝わりません。
(はぁ?と思われるのがオチ)

1.~3.がスムーズにできるなら
たまにやいやい言っても大丈夫ですよ(^o^)

 

~ここまで読んで下さって多謝~

奈良|大阪 パーソナルトレーニング
心技体のお手入れ専門トレーナー