本来は動きを良くするため

スポーツ現場, ブログ

こんにちは。

心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子です。

 

日曜、大学女子バレー部の応援と
ケアサポートに京都まで行ってきました。

 

今年は練習時から集中力が高く雰囲気も明るく
「やらされる」のではなく「自ら望んで取り組む」感じで
練習をルーティンにしていない様子が随所に感じられました。

 

だから当日、ゲームで流れが相手に傾きそうになっても
自分たちでやってきた日々積み重ねへの信頼が
容易に崩れさせなかったのだと思いました。

 

ただ試合後はアイシングしている選手が多いです。
肩、腰、膝。

 

カテゴリーが高くなればなるほど
(というより本気でその競技に賭けてるチームは)
スポーツと痛みや違和感は切っても切り離せないものだと
考えられる傾向にあります。

 

あって当たり前でしかも
『我慢してこそがアスリートの美徳!!
…という価値観がなかなか外せないみたい。(;_:)

 

****************************************************************************


チームスポーツだと現実問題
個人の事情だけ言ってられない側面はあります。


そして基本、選手本人は試合に出たい。
使ってもらいたい。
だから多少の痛みがあっても休んでいられない。
動けるから動いてしまう。

 

そんなこんなで〝とことん”まで行って
その結果、”痛くてもう動けない”となってしまう。

 


〝とことん”まで行かずとも
ベストな状態で臨めてない選手のなんと多いことか。

 

たしかにスポーツは偏った身体の使い方をするので
酷使されてしまう部位に痛みや違和感が出やすいです。

 

だからこそウォーミングアップやクーリングダウン
補強トレーニングなどは
〝痛くて動けない!”なんてならないように
練習の一環として存在しています。

(※練習の一環として時間を割いていないチームもあります⤵)

 

ところがアップもダウンも補強トレも
本来の目的を果たせてないものが多いです。

 

いま現役でスポーツに励んでいる人に訊きたい。

 

そのアップやダウンをした後
軽く楽に動ける体感はありますか?

芯から安定して
身体がぐいぐい動いてしまう体感はありますか?

補強トレをした後
いつもより強めの刺激が入って動きやすい体感はありますか?

 

する前より動けるようになった!!

…この体感がないならやり方を変えた方がいいです。

 

 

いま現在、どこか痛みがあったり調子がいまいちという人には

⊛トレーニングが本来目指すところを考える
⊛身体のとらえ方を変える

まずはここから始めてみて欲しいです。

 

そうすることでウォーミングアップ、クーリングダウン、
補強トレーニングの質を変えてしまうのです。

 

手間も時間もほぼかかりません。

 

する内容は同じなので周りから一人違うことをしてる!と
責められることもありません。

 

脳の『イメージできる力』と
脊椎動物(私たちは脊椎動物の仲間です)が持つ
『本能的な力』を利用するだけ。

 

そうするといつもの質が変わってしまいます。

 

私が採用している方法を用いるだけでも
体感や効果は変わってくるのですが
やはり倍速させていくベースとして
背骨の弾力がみるみる戻る進化体操®をしてほしい。
(一見アヤしい動きの体操だけど…(笑))

 

アップやダウン、補強トレをした後に

⊛しなやかに背骨が使える
⊛隠れていた力がどんどん出てくる
⊛楽に無理なく動ける

こんな身体になっていけたら
ベストな状態で臨める日が増えるのです。

 

調子が悪い、身体が重い日に我慢して練習しても
状態は良くなるでしょうか?

 

毎日行うことだからこそ質をどんどん変えていく。
質を変える。どんどん無理なく動ける身体になる。

 

動ける身体で練習を積むと故障や怪我を回避できるだけでなく
技術が身に付くのも加速させてくれます。
楽のスパイラルが完成がするから
パフォーマンスもどんどん向上していけるのです。

 

 

~ここまで読んで下さって多謝~

奈良|大阪 パーソナルトレーニング
心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子

スポーツ現場, ブログ

Posted by 西川菜緒子