芯から連なる身体~背骨の育て直し~

スポーツ現場, ブログ

こんにちは。

心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子です。

 

立春を迎え旧暦での新年が始まりました。


(ランニング中に見つけた早咲きのたんぽぽ。確実に春が来てますね。)

中学高校チームでも
大学チームでも新チームが始動しています。

大人の市民アスリートの中には
具体的な新しい目標を設定された方もおられます。

 

スポーツにおけるコンディショニングは
「ここ!というときに持っている力を出せるよう調整していく」
といった意味ですが
選手やパーソナルに来られる人の身体を見ているうちに
必要なのは調整ではなく「育て直し」だと強く感じるようになりました。

育て直しの必要性は大人も子どもも同じです。
そう感じるようになったのは
怪我しやすい人体や調子が悪くなる人体について
解決策を長年にわたり探してきたからです。

「なんでこうなったの?」
と原因を辿るうちに解決策も見えてきました。

大人については別頁を割くとして
子どもは「大人が用意した環境」が現状の身体を導いたと言えます。

…ということで前回からのつづき。

***********************************************************

今どきの中高生が現状の姿かたちになったのは
何も本人たちのせいではなく
育ってきた環境に因るものが大きいです。

 

1. 和から洋へ
⊛ 椅子・ソファ生活 ⊛ 洋式トイレ
⊛ くつ(くつ下) 

2. 車(自転車)社会
⊛ 人間の基本的動作である歩行をしない

3. 外で遊ぶ環境がない
⊛ 公園はあっても禁止事項が多い

 

以上のような下地があって

1.ハイハイ時期が短かい
2.裸足になることが少ない
3.外遊び(走る・跳ぶ・投げる・蹴る・登る・渡るなど)の絶対量が少ない
4.幼児・小学校低学年からゲーム機やスマホを与えられた
5. 早くから特定のスポーツを習う(身体の使われ方に偏りが出る)
6.5.で身体づくりのプログラムが入っていない

これらの環境や要因が重なり
身体がちゃんと育たないまま育っているのです。

 

なかでもゲーム機・スマホの使用は深刻で
「顔がにょ~」の高齢者姿勢にどんどんなっていきます。

(最近では視覚異常の症例も増えているのですが
管理者である側の大人もゲームやスマホ依存者が多く
事態の深刻さに向き合えていません)

 

姿勢とは姿の勢いと書きますが
こうした姿かたちの選手に「勢い」はありません。

(上手さや速さがあるように見えても
本来の力を出し切れていないのが明白です。)

身体は硬く
脚を伸ばして座る(長座)とき骨盤を立てて座れず
バランスよく立っていることもできません。
椅子にも落ち着いて座っていられません。

前に上体を倒そう(前屈しよう)とすると
股関節から曲がらないし
太ももの裏、膝の裏が伸びきらず痛がります。

  

 

こうした選手はO脚はもちろん
足首から下の向き=つま先が内に向いていたり外に向いています。

腰や股関節を痛めることが多く
オスグッドやシーバーなど成長障害に見舞われる確率も高いです。

骨の長さがどんどん変わる成長期は
何もかもバランスが悪くなって怪我も故障もしやすいのですが
それにしたって見舞われる絶対数が多い。

練習頻度や時間が長いとか
指導者が昔風に「しごいたら強くなる」と考える人ならともかく
そんなにきついトレーニングはしてません。
オフもちゃんとあります。

けれどもちょっとハードな内容が続くと
故障者が必ず出ます。

さらに怪我や故障の特徴として
筋肉に傷がついた…というレベルではなく
腰や膝や踵(かかと)、脛(すね)など骨に傷害が起こる選手が多いこと。

 

当初は私も
ゲームしてるし姿勢も悪いし
首の骨からおかしいし
成長期で骨も柔らかいから悪行きするのは仕方ないのか…?と思っていました。

けれども。それにしたって多いのです。
我が子たちが小中学生だった10年前と比べ物にならないくらい多い。

 

どうしてあれくらいの負荷で骨にまでいくのだろう?
周りの筋肉の柔軟性だけが問題じゃない。

(食べ物や飲み物の問題もありますがこれはまた別頁に)

…とそこで
そもそもの部分である「発育と発達の過程」を考えると
生まれてから立って歩くまでに
何かうまくいってないことがあるのが明白でした。

 

先述の要因すべてが腰(骨盤)が立たないことや
股関節から上体を曲げられないこと
太もも裏が異常に硬いこと
O脚や極端な内また・外またなどに関係しているのです。

発育と発達の過程を辿っていくと
背骨が順調に育っていないので「そらそうなるやろな~」ばかりでした。

だからこそ解決策も少しずつ見えてきたのですが
次回
じゃあどうやって背骨ができていくのか?を語りたいと思います。

 

つづく

 

ここまで読んで下さって多謝~

奈良|大阪 パーソナルトレーニング
心技体のお手入れ専門トレーナー
矜恃ノススメ 西川菜緒子

スポーツ現場, ブログ

Posted by 西川菜緒子